サンウェル株式会社が水素酸素ガス発生装置の特徴をご説明しています。

MENU

  • お問い合わせ・ご相談はこちらから
  • tel:06-6495-1088
  • fax:06-6498-2038

スマートフォンからは電話番号をタップでダイヤル 受付時間 9:00~17:00

  • お問い合わせ・ご相談はこちらから
  • 電話番号をタップでダイヤル

水素酸素混合ガス発生装置とは

水から高火力・安全・クリーンな燃料「水素酸素混合ガス」を創るサンウェルダー

水から高火力・安全・クリーンな燃料「水素酸素混合ガス」を創るサンウェルダー

化石燃料や特殊な薬品を原料として使わず、身の回りに豊富にある水を電気分解することで得られる水素と酸素を工業用のバーナーの燃料として使うことができたら、作業はより効率的で安全なものになるはず──この発想から生まれたのが水素酸素発生装置「サンウェルダー」です。こちらでは、 独自の圧力制御システムと安全機構を備え、水素2と酸素1の理想的な混合気を安定して供給するサンウェルダーの大まかな仕組みと特徴について解説しています。

電気分解から得られる水素と酸素を混合気として供給

水素酸素混合ガス発生装置「サンウェルダー」は、ファラデーの法則として知られる「水の電気分解」の原理を応用したもので、水を電気分解し、水素と酸素ガスを2:1の割合で発生させます。さらにゼネレータータンク内でこれらを混合ガス化し、バーナーの燃料として供給します。その具体的な仕組みや、サンウェルダーの特徴は下記の通りです。

1.理想的な水素酸素バーナーを実現
サンウェルダーは、電気分解により燃焼用として理想的な混合ガスを生成します。

電気分解の仕組みについて詳しくはこちら

2.精密作業に最適
小さな炎でも安定して作り出せ、ススも発生しないので精密作業に向いています。

精密作業を可能にするススの出ない炎について詳しくはこちら

3.ゼロ・エミッション
半導体など電子部品製造現場の表面処理加工に威力を発揮するクリーンな炎が特徴です。

クリーンなエネルギーについて詳しくはこちら